脱毛サロンに行くまでの話!

脱毛について考える
私は脱毛サロンに通うまでに長い時間迷いました。

どこの脱毛サロンに通うかを考えていたわけではなく、単純に脱毛サロンへの道のりに迷っていたのです。

一度だけ友人の車の助手席乗って道を見極めしたはずでした。

けれども方向音痴である私は途中で道を忘れてしまって、何度も何度もそのあたりをクルクル回って迷ったのです。

探しても探しても見つからないので、途中で泣きそうになりました。

予約時に間に合わないかもしれないと思って泣きそうになったのです。

仕方なく一度脱毛サロンの方に連絡をしまして、道順を聞きました。

その一方で相当辿りつかなくて全力で焦りましたね。

もう辿りつけないかもしれないと放棄しかけた事例にちらっと店舗の名前らしき看板が目に入りました。

その上やっとの事でその脱毛サロンを見つけたのです。

もう実際にホッとしたし、良かった〜と思って泣きそうになりました。

こういった事例に方向音痴って困ります。

何とか早めに居宅を出ていたので、時までには辿りついて間に合いました。

実際に早めに出て良かったです。

店舗に入って受付を済ますと、「間に合ってますよ〜」受付の方におっしゃっていただけて、恥ずかしやらありがたいやら複雑な気分です。

やはり予約していたので、万が一間に合わなかったら如何にしようかと考えました。

この冷や冷やした体験から目的地に行く前には1度は自らで下見に来ないといけないなと思って反省しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です